種類によって違う!酵素ドリンクの扱い方に注意

酵素ドリンクの種類とは

酵素ドリンクを使ってダイエットをしたり、健康や美容に役立てたりしようという人も多くなりました。そのときによく気にかけておきたいのが酵素ドリンクの種類です。最もよく用いられているのが植物を発酵させて作ったドリンクですが、それ以外にも種類があります。パウダーで販売されていて水に溶かせばすぐに飲めるものや、自分でスムージーなどとして作れるものもあるのです。それぞれで正しい摂取の仕方があるので注意しましょう。

摂取の仕方の注意点とは

酵素ドリンクはしっかりと酵素が生きている状態で飲まなければなりません。そのため、摂取の仕方には注意が必要です。植物を発酵させて作られた一般的な酵素ドリンクでは冷蔵保存をして飲む直前に常温に戻してから飲みましょう。パウダー状の場合には溶かしてから少しずつ酵素が壊れてしまう可能性があるので溶かしたらすぐに飲むことが大切です。また、自分で作った場合にもできるだけすぐに飲むようにして、保存する場合には冷蔵が必要になります。

新鮮さと熟成の違いに注意

どの酵素ドリンクの場合にも酵素が壊れないようにするのが摂取の仕方の基本です。ただし、その意味には少し違いがあります。自分で作ったものの場合には新鮮さが重要になり、使用した素材に独特の酵素を摂取するのが目的です。それに対して一般的な酵素ドリンクやパウダーのものの場合には熟成されて酵母などの微生物に由来する酵素を摂取します。摂取できる酵素に違いがあるので効果も違うと考え、必要に応じて飲み分けをすることも大切です。

近年注目されているダイエット食品が酵素ドリンクです。代謝を高める効果がある酵素を取り入れることによって、効率的にダイエットを行うことができます。