恋人がいても大丈夫!目立たない美容整形手術が人気

実は傷が残らないエラ削り

エラ削りは骨を削る美容整形の方法ですから、大きな傷が残ってしまうのではないかと考えるのが普通ですよね。しかし、最近のエラ削りは口の中に穴を開けて、そこに器具を挿し込んで行います。ですから、外部から分かってしまうような傷はまったく残らないのです。肌に傷を付けることなく小顔化が達成できて最高ですよね。これなら恋人がいる人にでも受けることができます。整形手術をしたということが、まずバレない手術方法の一つでしょう。

注射系の整形手術も傷跡は残らない

ヒアルロン酸の注射に代表される注射系の整形手術方法も、傷跡が残らないものだと言えるでしょう。ちょっとした注射穴が開くだけですし、すぐにその穴も塞がってしまいます。頻繁に行っても整形手術をしているとバレることはないはずです。ヒアルロン酸の注射で、シワをなくすのもいいですし、豊胸をするのもいいでしょう。最近は涙袋を作ったり、鼻を高くしたりする治療法も、ヒアルロン酸の注射一本でできて便利ですよね。費用が軽いのも魅力です。

レーザー治療も傷跡は残りにくい

最近の美容整形手術においては、レーザーが使われるケースが多いです。レーザーでホクロの除去をすることもできますし、入れ墨の除去までできます。他にもシミやそばかすの治療もできますし、脱毛にも使えますよね。このようにレーザーを使った治療も、傷跡が残りにくいという特徴を持っています。患部にレーザーを照射するだけなので、切開の必要もありません。ダウンタイムも非常に短いですから、翌日からメイクをして日常生活に戻れる手軽さがあります。

美容整形は、人体の外見を依頼者の希望により形成外科の技術により改変することです。対象は皮膚表面に留まらず脂肪・筋肉や骨格にも及ぶ場合もあります。