ダイエットが思うように進まない!そんなときは肥満外来

どんな人が肥満治療を行うと良いのか

肥満になっているかどうかは、体重と身長を測りBMIを出すと目安が付きます。男性なら約28以上、女性なら約26以上あった場合、肥満外来で治療を受けた方が良いといえます。肥満しているのがわかっていても、健康には問題ないと思いがちですが、健康診断で血液検査を受けると、血糖値が上がっていたり、コレステロール値が基準値より高いといったことがわかります。健康診断では管理栄養士が食事療法をしてくれるケースもあるので、生活習慣病などによる肥満があったら、指導を受けると病気の予防になりますよ。

肥満を放置しておくとどんな病気になるのか

肥満は生活習慣病と大きく関係しているので、放置していると痛風や糖尿病の原因を作り出してしまいます。血糖値も上がってくるために、プリン体の入っている食事を取ると、尿管結石も引き起こし痛い思いをすることになりかねません。心臓や胃腸などに負担がかかってくるため病気にもかかりやすくなるため、体重が増えてきたら早めに食事制限をしたり、適度な有酸素運動を行うなどして元の体重に戻していくことが大切です。肥満外来は大きく分けて食事療法、運動療法の他に脂肪吸引などがありますよ。

肥満外来ではどんなことをするのか

肥満外来は健康診断で受けたデータを元に生活習慣病になっていないかを調べていきます。いびきが出やすい人は無呼吸症候群になっていないかチェックすることもあります。主な療法は食事で、栄養素の高い食事メニューにしていって、たんぱく質を必要最低限にしながら食事制限を行っていきます。外食の多い人は自炊するようにアドバイスされます。カロリーを消費させるために、有酸素運動の指導もあるので1日に必要な運動量をこなしていけば、元の体重に戻していくことができます。一人ではむずかしかったダイエットも、肥満外来なら適切にアドバイスしてもらえるので、目標の体重まで痩せることができますよ。

最近見かけますが、肥満外来という専門科。行きたいけどどこにあるのかと思われてる方もおられると思いますのであるとしたら大学病院、総合病院にあります。